人気ブログランキング |

唐津焼 王天家窯二代目の日記です。非常に低血圧で朝起きれません。それでもめげずに頑張って作淘しています。とてもきまぐれな性格なので時々しかアップしないかもしれないけど応援よろしくお願いします!


by f92q
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

究極の男



究極の男  「金工師に会って来たんだってな」

ぼく     「はい ものすごく優れた人だったです なんというかこんな
        場所にいてはいけない人だと思います」

ぼく     「もっと良い場所 大学の教授とかにふさわしい人だと思います」


究極の男   「そうだな あういう人なかなかいないよな 実際かれは教授に
       なりたがってる 試験も受けたがすべて落ちたよ」


ぼく     「そうですか・・もったいない」


究極の男   「もったいないか・・・」


究極の男   「実はオレはかれが教授になることは反対だ」


ぼく      「なんでです? 生活も安定するし 何も気にせず自由に
         製作できます」 
 

究極の男   「でも 反対だ・・・」


ぼく       「そんな なぜですか?」

究極の男   「すべてが手に入ってしまうからさ・・」

ぼく       「すべてが手に入る?」


究極の男  「そうだよ 収入は心配しなくていい まわりは何もわかってない
       学生だ 批判することはあっても批判されることはなくなる
       それではダメだ・・」

ぼく    「はあ・・」



ぼく    「あの人教えるのも かなり上手いです あんな人が
       教授になったほうが世のために絶対良いです」


究極の男  「そうだな たしかに・・ でも」


ぼく    「でも?」


究極の男   「やっぱりダメだ」




e0216090_22495663.jpg


# by f92q | 2014-09-27 22:35

デザイナー



旅人  「 最近ぼくみたいなヨーロッパでデザイン学んだ人間が日本の伝統工芸を
     新しくデザインするって話をよく耳にするよ」

ぼく  「はあ そういう話よく聞きます」


旅人  「そういうのってあんまりパッしないよな まあ ものごと
     そんなに上手くいくもんじゃないけどね」


ぼく  「そうですね」 


旅人  「僕と一緒にヨーロッパにデザイン学びにいった友人がいる
     そいつはとっても優秀だ人間も良い かれが日本の伝統工芸を
     新しくデザインする仕事をよくやってるでもぱっとしてないな」

旅人  「なんで上手くいかないかわかるかい?」

    
ぼく  「うーん わかりません」
     
旅人  「彼はとても頭の良い奴だよ しっかりとしたコンセプト
     消費者が何を求めてるか とか様々な角度から物事考え
     ていきずまった伝統工芸を新しくデザインしようとした」


旅人  「でもパッしなかった」


ぼく  「なんでですか?」 


旅人  「北方謙三の三国志読んだことあるかい? 」

ぼく  「ないです」

    
旅人  「諸葛孔明がでてくるシーンがあるんだ
     かれはとても優れた軍師だ あらゆる不可能も可能にする
     そんな諸葛孔明が戦場に出るんだ 軍師ってのは前線には
     いかなくて 陣の後ろで指揮するもんだろう でも馬に乗り
     剣を振りかざし敵と戦う いつ死んでもおかしくない」

ぼく  「それがどうしたんです?」


旅人  「つまりだ 優れたデザイナーだからってただ 優れたコンセプト
     を考えるだけではダメだってことだよ 陶芸をデザイン
     するんだったら汚れてもいいから土にまみれるべきだよ
     下手でいいからロクロをしてみるべきなんだよ良いデザインとか
     コンセプトは頭の中で生まれるんじゃなくて体で生まれる
     ものなんだよ」

ぼく  「事件は会議室で起きてるんじゃない 現場で起きてるですね」


旅人  「古いね」




e0216090_19583639.jpg



# by f92q | 2014-09-26 19:59