人気ブログランキング |

唐津焼 王天家窯二代目の日記です。非常に低血圧で朝起きれません。それでもめげずに頑張って作淘しています。とてもきまぐれな性格なので時々しかアップしないかもしれないけど応援よろしくお願いします!


by f92q
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

その男(美容師)

とかくハサミさばきのうまい美容師が隣街にやってきた

その男(美容師)はとてつもなく自分のことしか話さない
恐ろしくうざいほど そんな男でもとにかく髪を切ることに関しては超一流だ

ことの発端は母親だ 母はその夜もダウンタウンデラックスを見ては馬鹿笑いしていた
その後ろ姿を見た私は驚愕した 


 ビダルサスーン

母の後ろ姿 髪のカットに高い芸術性と練達な技術力を感じた
その数日後母からどこの美容室に行ったか聞いた

それはとなり街の美容室だった


さっそくその美容室へ直行したのだ
その男(美容師)と対面 カットをしてもらうことにした
しゃかしゃかしゃか うむ なかなかの腕前 
その男(美容師)は自分のことしか話さない ひたすらずっと永遠に 
しょうがないこのさい流れに逆らわず この男の話をとことん聞こう

まあ 話を聞きながら ちょくちょく質問してその男(美容師)の話を聞き出すことに成功した
その男(美容師)はもともとは床屋だった 床屋と美容師の違いそれは 
床屋とは結構技術力がいるらしい つまりデッサンで丸や直線をきれいに書けるみたいな感じだろう
美容師は感性つまり芸術性が必要とされるらしい それは技術を超えたインスピレーション(衝動) 

床屋から美容師に転職した その男(美容師)は
技術と感性両方持ち合わせてることになるだろう
マンガ北斗の拳でたとえるならば北斗神拳と南斗聖拳両方つかえることだろうし
陶芸でたとえるならば磁器と陶器両方のロクロがこなせる感じだろう

いろいろ話しつづけていたら なんと かれはモーレツにひたすらにアニメオタクということが判明した
僕の髪形のイメージもアニメのブリーチをイメージして切っったらし
40過ぎたおっさん美容師の口からそんな言葉が出て僕は驚愕した

まあ それはさておき その男(美容師)の技術はすさまじく完成度が高かった
よく考えると僕が都会で行っていた美容師は結構若い人がおおかったキャリアはせいぜい5年~10年弱だ
その男(美容師)は20年を超えるキャリアを持ち しかも床屋の技術も持っている
彼は常に FACEBOOKなどをもちいて友人の床屋 美容師と技術交流をしてるくらいマニア


その男(美容師)は昔 自分の店を持っていたらしい しかし その男(美容師)のあまりのこだわり
数ミリの妥協も許せない職人気質から店の経営を苦しめ 最終的につぶしてしまったらしい


出来上がった髪型はすばらしかった とにかく自然で 人口的なハサミのカットの後をわからなくしてあった
それはまるで無駄がなく自然な気持ちで造られた李朝家具のような出来栄えだった

「それじゃまた来るよ」言ったか言わなかったか忘れたが その店(美容室)を後にした
それはとっても雲のきれいな午後のできごとだった

e0216090_2284289.jpg

by f92q | 2013-04-27 22:05



雲 雲 ふんわり



くもくもくも ふわふわふあ 
くしゃくしゃ  さらさらさらさ
ふわふわふわ ふわふわふわ



e0216090_2183851.jpg
 





e0216090_2110258.jpg






e0216090_2111154.jpg





e0216090_21105691.jpg





最近雲がとーってもきれい
雲をじーっとみてると癒されるし心休まる
裸眼で見るのもいいけど
サングラスかけて見るとセピア色に見えてとってもきれい
芝生の上でゆーっくり雲を眺める心の余裕がほしい
by f92q | 2013-04-26 21:15

唐津やきもん祭り


今年のゴールデンウィークは唐津が熱い!

去年から始まった唐津やきもん祭り 今年からは
さらにバージョンアップ 期待の若手もたくさん作家

唐津の若手の層の厚さは半端じゃない しかもみなさんかなりレベルも高いです
先人達の残していったやはり唐津焼というブランドのすばらしさは半端じゃない

簡単そうで奥が深い唐津の土味&高台 
わけのわからない絵も平気で描く絵唐津 シンプルだけど素晴らしい白と黒の景色を
作りだす朝鮮唐津 土の粘土やら砂岩やらなんやら

それはさておき 唐津の市内アーケードは空き店舗だらけ
これはもったいない そこで今年からは空き店舗に若手作家を
はめ込んじゃおうという企画になっております
その他 映画上映 ぐい飲み列車 若手作家と料理店コラボ

この計画が進めばゴールデンウィークは毎年たくさんの唐津焼作家
で空き店舗が埋まればほんとうにすばらしいことになると思います
そうすることによって福岡からの集客もアップしてくれればと
なんと幸いに唐津 福岡有料道路もなんと 無料化されましたし
いずれはゴールデンウィークだけでなく年中唐津のアーケードもにぎわって
くれればと思います


そんなこんなで 今は薬かけや窯詰め 水止め 窯焚きなど大忙しです
多分窯元さんはみな今の時期大忙しだと思います


そのアーケードの空き店舗を利用して友人の唐津焼作家さんとグループ展やることになりました

4人展 小杉隆治 福田和祐 藤ノ木陽太郎 岡本修一


2013.4/29(月)~5/5(日)


おまちしております!




呉服町アーケード内一番館前


e0216090_2194989.jpg

by f92q | 2013-04-24 21:10
絵唐津の絵の図版が手に入った それはまたと見たことがない
素晴らしい陶片が載ってる図版だ 
興奮冷めやらぬままに 夜中に見てはムフフっと笑う毎日



実際このすばらしい図録をいただいて たくさんのすばらしい図録を たぶんみなさん
たくさんの陶芸家達はこの本を参考にしてつくる 描く.
でも、しかし、それは、本当は、描くもの題材は図録のなかではなく 実は足元の草花にあるのではないかと
おもってしまうこの頃 そして もっともっと大切なものは実は心の中にあるのではないかと

図録は昔の陶工の心 つまりどんな気持ちでその瞬間描いてたか どんな身体の動きで描いていたか
どんな脳の使い方していたのか じっくり描いたか はやく描いたか 手先で描いてたかなんてモロモロ
 もしかして その足元 そして自分自身の心の中をしっかり見据えた時こそ
たくさんの陶片  図録は必要なくなるのではないかと

言いながら図録片手に模写繰り返す毎日(涙) 






e0216090_0211625.jpg





e0216090_0225066.jpg






e0216090_0253879.jpg

by f92q | 2013-04-21 23:28

サンポミチコロンドン







e0216090_1818277.jpg



e0216090_22434299.jpg





e0216090_18211155.jpg





e0216090_0305910.jpg

by f92q | 2013-04-20 22:50

出演

NHKニュース ただいま佐賀で放映されます

「佐賀のやきもの」に少し出演しました

18:30~19:00の間で

よかったらご覧になってください。







e0216090_18244926.jpg

by f92q | 2013-04-13 22:19

苦しみ


先日 友人の結婚式に行ってきた
スピーチがとてもすばらしかった お父さんの
それは即興でいきなりこんな感じだった

「人生は芸術だ芸術とは苦しみだ! 悶えくるしみなさい 人生とは芸術だ!」



芸術でいいものを作りたいというのは欲だ
欲が出ると考えてしまう 考えてしまうと実は本当にいいものはできない
目の前にあるもの ただあるものを感じつづけなければいけないと思う

ただ目の前にそれはあるだけで 自分というものもただそこに存在して
今この瞬間瞬間に ただそれだけで
それをただ受け止めるのが芸術であって

考えて頭で考えて過去にさかのぼって脳みそをふりしぼって
書き直して やりなおして 考えて できない そのとき 人は苦しむ
それは等身大の自分を受け入れることができなくてもがき苦しむ

結局その人ありのまま表現を受け入れるのが芸術であって上手くしようと欲張って考えて
頭の中にいるとき人は苦しむ それはまるで受からない大学を何浪もして当てもなく
浪人し続ける受験生のようだ



e0216090_2354440.jpg




e0216090_2372893.jpg





e0216090_2385654.jpg




e0216090_239503.jpg

by f92q | 2013-04-05 23:12

さんぽますたー



e0216090_214257.jpg





e0216090_2152795.jpg





e0216090_216739.jpg






e0216090_2175732.jpg

by f92q | 2013-04-01 21:10
最近 漫画を読みふけってしまった
これだけは時間の無駄無駄無駄とかおもってたんだけど

きっかけはBOOKOFF 本を売りさばこうかな 本棚のスペースが
もったいないこれをどかして売りさばいて 焼き物の棚でもつくろうと
がらにもなく思い立った僕は珍しく行動をおこした

しかし いや いざ 売ろうなどとおもうとそれは僕も人間の子
やはりおしい 非情に冷酷にバッサリ売りさばこうと思ったが・・・ 
結局ドッカリやっぱりその場にくずれこみ

パラパラとその漫画を読みふける ドーパミンが噴出し続ける
僕の目の前に立ちはだかるマンガ本達はかなりの強敵 強豪 どれもがつわもの
ミリオンセラー いっかい読み始めると手がはなせない
べったりと畳にはりついて読みふける
それはまるで樹液に群がる深夜のカブトムシのごとし

パラパラパラ・・・ 恐るべし 日が暮れた

とにかくこれでは埒があかないと思い次の日
そうだいっきに売るからいけないんだ そうだ
少しづつ売ればいいと思ういたち  まあ少しBOOK OFFに持ち込み
わずかな現金を手にしラーメン屋でチャーシューメンを注文
昔がんばってコズカイ貯めて結構な金額出して購入したマンガ達がチャーシューメン
で消えてしまう 

その次の日これは感染したのかいつのまにかマンガを手に
それから読みふけってしまった こんなことしてる場合でない僕は
料理の本 美術雑誌読まなあかん 炎芸術読まなあかん

そんなこんな考えてると日も暮れて… 


e0216090_2049932.jpg






e0216090_20511876.jpg





e0216090_20515964.jpg





e0216090_2053087.jpg

by f92q | 2013-04-01 20:53