人気ブログランキング |

唐津焼 王天家窯二代目の日記です。非常に低血圧で朝起きれません。それでもめげずに頑張って作淘しています。とてもきまぐれな性格なので時々しかアップしないかもしれないけど応援よろしくお願いします!


by f92q
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

グループ展

  
 窯出ししてからが忙しかった。
 まず注文のぶった切りの湯呑みの水止めに時間がかなりかかった。
 
 そしてなれない手つきで梱包 発送。

e0216090_20105065.jpg




 


そういえば先週20年ぶりぐらいに
魚の骨がのどに 突き刺さった。

母がとにかく「ご飯を飲み込め!」 
「ご飯を飲み込め!」 とまくしたてる。
 

 しかしその日は不幸にも混ぜご飯
 鶏肉のでかい塊がご飯に入っていた。

 がまんして飲み込んでいたが何の効果もない
 その後爪楊枝でつっついたり色々やってみたが
 さほど効果がなかった。

 よく眠れない夜を過ごし
  
 次の日 隣町の病院へ行った。 

 
 お医者さんの内視鏡のおかげでものの数分で骨は抜けた。
 
 骨がぬけた時まわりの看護婦さんがなぜかとてもうれしそうだった。
e0216090_22133712.jpg


 




東京ドームテーブルウェアフェステバルに展示していた器に
注文が入った。
いきなり東京の方から電話をいただいた時はびっくりした。
自分が自信をもって作った器に注文がくるのは
とてもうれしい。
e0216090_19483136.jpg






それからすぐに今度僕が参加する
日本橋三越本店 本館5Fリミックススタイルでやる唐津若手作家の
グループ展用の窯焚きをしなければいけなかった。
e0216090_19553668.jpg


e0216090_2123386.jpg


ぐい呑みがいいのがとれたかな



このグループ展は僕が参加している佐賀大学「ひと・もの作り唐津」プロジェクトの
主催するイベントです。

唐津 春のおもてなし 唐津焼新作家展
於:日本橋三越本店 本館5Fリミックススタイル
会期:2月16日(水)~2月22日(火)

もし近くに来られた方はお立ち寄りになってください!

ちなみに僕は19~22日まで会場にいます。

e0216090_22205897.jpg



e0216090_22234877.jpg



  糸切り作品も多数展示しております!
by f92q | 2011-02-13 20:26
e0216090_222317.jpg


 とあるブログに紹介されていた映画ハーブ&ドロシーを福岡市内まで見に行った。

 KBCシネマは結構マニアックな映画を上映している小さな劇場で
 街の中心から少し離れた所にあってバス停から5分くらい歩いた。

 中に入るとまずお客さんの違いに気付いた。みんな洋服が艶やか
なのだ、僕が行くのはだいたいショッピングモールの映画館だから余計にそんな
ことを感じたのかもしれない。

 しかしこの映画館に来ているお客さんは何らかの品があるように感じた。

早速時間になり映画館に入ろうとする 「あっチケットがない!」
と僕は焦りまくった。そしてすぐさま従業員さんにこのことを言う

 すると「レシートがチケットなんですよ。」

  なるほどこの映画館は地球に優しい。


 早速前の席に人がいないベストな角度の席を考えながら選ぶ。
館内は闇につつまれ映画が始まる。

 ストーリーはというと公務員の老夫婦がひたすら無名の頃の現代アートの
作品を買いまくり やがてアパートに入ることができなくなり

 美術館にほとんど無償で寄贈する という話です。

 本当におもしろかった。
ドキュメントで二人の生活がただ淡々と写されていただけなのに

 こうゆう老夫婦が日本にもふえてほしい。そして陶芸の若手の作家の作品
 を買ってほしいと思いました。

 この映画で学んだことはあまり無理をしないこと 自分のできる範囲で好きなこと
 をする。
 
e0216090_1394636.jpg






 そういえばうちの祖父も骨董を収集しており(祖父は売買していました)
 家の近くに別の小屋を建てそこにコレクションしていました。

 その小屋は落石がおこり つぶれてしまいました。
 そしてうちの父の家の隣に倉庫が建てられ祖父のコレクションが
 収納されていきました。

 僕も骨董の入った箱の上でよく遊びました。
 祖父はそのコレクションで小さな美術館を作ろうと町の役場に頼みにいきました。

 しかし その話は断わられ
 残った骨董は 祖父が亡くなったあと
 父の兄弟が持っていってしまいました。

 ほとんどの骨董は父の手元には残らず
 一冊の祖父のスケッチブックだけが残されました。

 そこには祖父が建てようとした美術館の設計図と
 祖父の絵が描いてあった

 その絵は本当にすばらしく手元から離れていった
 骨董よりもよかったと思っている。




e0216090_13154012.jpg

 
by f92q | 2011-02-06 22:44

窯焚き 


燃える
e0216090_1842990.jpg




萌える
e0216090_18432441.jpg




崩れる・・・

e0216090_18482672.jpg




減る
e0216090_18453523.jpg




hell
e0216090_1846780.jpg





残す
e0216090_18465747.jpg

by f92q | 2011-02-04 18:50